ということをお伝えしてきました。 これらをもとに正しいポジティブシンキングとは何かをひも解いていきましょう。SEOとは上記を一例とした日々の取り組み(プラクティス)です。実施者に求められることは、検索エンジンやアルゴリズムに関するノウハウやスキルではなく、実在の人間である検索者や、彼らが求めるコンテンツに盛り込むべきテーマに関する実践的なノウハウやスキルです。

 

 

検索エンジンのアルゴリズムは、新技術の投入やチューニングが頻繁に繰り返され、日々進化を続けています。この進化の目的は「検索者にとって適切な検索結果を返すこと」です。具体的には、検索エンジンは次のような方向性を持って進化を続けています。

 

検索キーワードにより関連の高いコンテンツを表示する
そのときの人々の関心や話題の傾向に沿ったコンテンツを表示する
ユーザーの個人的な意図や動機や環境により適合するコンテンツを表示する
検索キーワードに関連する幅広い種類のコンテンツを表示する
検索の操作や検索結果の画面をより使い勝手のよいものにする
こうした進化によって、SEOはより単純に、より容易なものへと変化し続けています。なぜなら、こうした進化が進めば進むほど、私たちは検索エンジンではなく人間のユーザーに対して有益で高品質なコンテンツを作ることに集中でき、それが正当に評価されるからです。

 

SEOの本質は検索者視点に立った情報発信です。特定のキーワードにおける検索結果においてより上位のランキングを狙うのであれば、検索結果に表示される他のページと比較して、より正確で、より詳細で、より新鮮な情報を、よりわかりやすい形で提供することを目指さなければなりません。